<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トゥルシー(ホーリーバジル)

b0233523_1829067.jpg

日本名:カミメボウキ(神目箒)


ふた月ほど前にトゥルシーの種を蒔いた。

ここまで成長した。


2年ほど前にアーユルヴェーダにとっても詳しい

その名もスピリチュアルネームがトゥルシー(かよさん)にいただいた貴重な種。

元気にここまで育ってくれてうれしい!


「トゥルシー」とはサンスクリット語で「比類なきもの」という意味で、

インドでは神聖なる植物として崇められている。

そして様々な癒し効果があるためアーユルヴェーダでは数千年にわたり使われて来た。

インドでは『トゥルシーを毎日食べれば医者いらず』ということわざがあるぐらいの万能ハーブだ。

アーユルヴェーダでは抽出物は治療薬として、風邪、頭痛、胃の症状、炎症、心臓病、

様々な中毒、マラリアにも用いられてきた。

ハーブティーとして飲めば新陳代謝を促進させ、免疫力を高めるといわれ

老化防止や生活習慣病の予防が期待できるそう。

やっぱりすごいハーブなのだ!




最近通い始めたヴェーダのクラスのパンダ先生(インドの方)いわく

『トゥルシーは神聖な植物であり、心の清らかさにより苗は育つ、

そして、それは神様の体であるから足で決して触れないように気をつけて♡

トゥルシーをできるだけ長く枯れさせないようにして、

自分の心がどれだけ清らかであるか試してみるといい アハハ(笑)』と。

私はどれだけ枯らさずにいられるのだろう???

ちょっぴりドキドキ♡
[PR]
by vidavidya | 2014-07-01 19:43 | アーユルヴェーダ