<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チネイザン(気内臓療法)

タイ式マッサージを学ぶためにタイのチェンマイにやってきた。

学んだのはチネイザンという古代中国のタオ(中国三教の一つである道教の中心概念)から伝わる主に内臓に働きかけるマッサージ。


タオイスト達の発見
タオイスト達の長年の瞑想により、内臓は小宇宙(ミクロコスモス)である人間と、大宇宙(マクロコスモス)をつなぐ霊的な力のエッセンスでありカラダをひとつにまとめ維持していく源泉であることが発見された。
そして人の持つ感情はすべてのエネルギーの現れであり、感情と内臓とのあいだにある特定のつながりや関連があるとつきとめたのだ。
タオイストたちは、不快に感じる症状のほとんどが、溜め込んだ毒素や、否定的な感情などのネガティブなエネルギーの影響であるとつきとめ、内臓機能障害を起こし、腹部にしこりを生じさせるネガティブなエネルギーをリサイクルして変容させるというチネイザンという技法を開発したのだ。
これは、毒素、悪感情、過剰な体熱(または体熱の不足)といった内臓の機能障害を引き起こす諸原因を取り除く事ができるという。


チネイザンがなぜタイなのか?
中国人の両親をもつタイ生まれのタオの世界的権威であるマンタクチャが文化大革命のとき歴史から消え去ろうとしていたこの技法をタイ式マッサージ、指圧、霊気、リンパマッサージ、スウェディッシュ・マッサージなど現代医学も取り入れて再生しタイで広めたという理由から。



『気の海』
おへそはエネルギー(気)が最も多く集まるところでもあり排出されるところでもあるという。
おへその形により臍診断もできる。

『第二の脳』
内臓は第二の脳に働きかけることより感情のバランスも整えていく。
各内臓に表れるしこりや固さで、どんな感情が滞りからだに悪影響を与えているかなどを見る事ができる。

チネイザンの施術の流れ
タイ式マッサージの短いリラクゼーションを行ったあとまずはお臍まわりに働きかけ気の巡りをよくしてからココナッツオイルを使った内臓へのマッサージに入って行く。
そしてリンパマッサージ、レイキ、タイ式マッサージで終了。
タイ式マッサージの創始者シーウォックゴマラーパーにも忘れずに礼拝する。

瞑想の大切さ
大量のエネルギーが集まり排出するお腹を扱うチネイザンを施術するものは邪気を受けやすいという。
タイ式マッサージと違うのは気を扱うところである。
そこで日々の瞑想により自分を浄化しておく事が大切だという。


瞑想大好き元看護師ウー先生
オンスクールにて

b0233523_18472190.jpg

[PR]
by vidavidya | 2013-05-28 00:14 | タイ式マッサージ

ウィサーカブーチャー(仏誕節)

5月の満月の日
タイではお釈迦様が誕生し、悟りを開き、死んだとされる日を5月の満月の日に祝う。
今年は5月24日。
仏教行事の中でも最も尊い日とされているらしく、この日はどのお寺にも人がたくさん集まり、
お経を唱えたり、瞑想したりとブッタに祈りを捧げていた。

私のいま通っているチェンマイのタイマッサージスクール近くにあるワットサンティータム(お寺)のようす
b0233523_2481419.jpg

b0233523_257196.jpg

b0233523_251218.jpg

b0233523_2595947.jpg
b0233523_314042.jpg

b0233523_331357.jpg

[PR]
by vidavidya | 2013-05-26 19:01 | タイ式マッサージ

ダラムサラ ヴィッパサナー

5月1日〜5月12日

10日間のヴィッパサナー瞑想が終了


今回4度目のヴィッパサナー

ダラムサラでは日本語の講話や瞑想のやり方のインストラクトも聞ける環境が整っていたのでより瞑想に没頭できた。

4回目の瞑想にしてやっと瞑想の意味を理解し始められたのではないかと感じた。

リシケシのダヤナンダアシュラムでヴェーダンタを学び、それと同時期にヴィッパサナーも体験できた事は有意義な経験だった。

ヴェーダンタは知識レベルによって、そしてヴィッパサナーは体験レベルによって自分を知る。

その比較も面白かった。

ヴェーダンタも知識だけでなく瞑想によって理解を深めることができるし、

ヴィッパサナーも体験だけでなく理論や規律をまもってより理解を深めていくことができる。

頭だけ、カラダだけどちらか一方よりも両方あったら様々な観点から自己を洞察できるのでおもしろみが増す。


カラダについての気づき

自分の作り出している怒りや、ねたみ、苦しみ、そして、心地よさや、幸せと感じる気持ちがカラダに様々な感覚を引きおこしているのだと。

100%自分がつくりだしているこの世界。

それこそが真実なのだと自分を観察することによって気づき始めた。


ブッタは自己観察するという瞑想のテクニックをつかって潜在意識とカラダに起こる感覚は密接に結びついているのだと悟ったそう。

カラダに起こった感覚を観察するとそれは消えそしてまた生まれかわる。

潜在意識にある怒りや苦しみの汚濁は自分のカラダの表層に引き起こされる。

その感覚をよーく観察する事によってそれは溶解していく。

これを体験として悟るのがヴィッパサナー。

潜在意識下にある汚れを洗い流し、純粋な愛、慈悲の心を育む。

そうして、この純粋な愛、慈悲の心をもった人々の純化されたたましいは、ほかの人に分け与える事のできる素晴らしいものとになる。

最終的にはその完全に調和のとれた揺れ動かない平和な波動で世の中の生きとし生けるものを幸せにしていこうとこころみていく。

他人の幸福を願うことはそれはすなわち自分の幸せであるということ。

自分の真実を知ることはすなわち幸福なのだと。



自己観察するということは、苦しくても楽しくでも心の平静を保ち

一瞬のすきもなく自分に気づいているということ。

今に集中して、いまをしっかり生きる事。

すなわちこれが幸福につながる。

これが今回の体験レベルでの自分への気づき。



この一瞬の隙もなく、自己観察するというのはなかなか10日やそこらではマスターするのは難しい。

だけども、「忘れているのに気づいたら自己観察することに戻す」

この訓練を10日間やりつづけ、そしてこれを継続できたらいいなと思う。

ヴェーダンタも一緒に。



ヴィッパサナーはアヤワスカという南米のシャーマンが治療に用いる植物の煎じ薬と

体験レベルでの心とカラダの浄化という面でとても似ていると思う。

これによりカラダも心も清められ本来の自分の姿、真実は何か?をカラダを通して体験レベルで知るこができるのだと思う。

アヤワスカは浄化の過程で引き起こされるさまざまなヴィジョン。

それと似てヴェパッサナーもかなりの妄想が・・・(笑)。



だけども私が思うにブッタが悟りを開いたこの瞑想法がより強力だと思うのは

なによりも普段の生活の中で毎日瞑想して毎日浄化できるから。

継続してできる瞑想は生きる技でもあるんだな。

ブッタの智慧って偉大だ。


それともう1つ

自分はこのカラダを選んで生まれて来たのだという事。

自分が日本人のこのカラダをもって生まれて来た事にとても意味があるのだなってことを感じた。

日本人のこの性質をもったカラダでしか体験できないこと。

そこになんらかの理由や意味があるのだと。

このカラダで自分が今回この生を授かったこと。そこで何が自分にできるのだろう?

と考えるように・・・

考えのカラダ(たましい)はどこから来たのかわからないけど、

この日本という風土、文化で培われてきたこのカラダや血で一体私は何を体験したがっているのだろう?

ここが問題でそこが気になるところであるけれど

しっかりと今を生きていれば答えはいつもそこにあるものだと思う。

だけども気になる。


仏教というのはこの日本人のカラダにはとても理解しやすい性質をもったものなのかもしれない。

ヴェーダンタまでいくと日本人のカラダには少しなじみにくいものなのかもしれない。

陰(ヴィッパサナー)?と陽(ヴェーダンタ)?的な性質も2つの間にはあるのかしら?


ヴェーダンタは自分の五感ではとらえられない自分の外側に広がりをもった世界を知識をもって教えてくれる。

そしてヴィパッサナーは五感でとらえられる世界を自分の内側に体験する。

ヴェーダンタは五感ではとらえられない世界だから知識によってでしか得られない世界。

ヴィッパサナーは五感でとらえられる世界だから体験によってでしか知れない世界。

ヴェーダンタではモクシャー(人生の最終目的)を

瞑想ではサマディー(解脱)

この2つの到達地点は違うみたいなんだけど同じみたい?この辺がまだ学び始めたばかりでなぞなんだけども。




とにかく。

体験レベルでの知識は一般的に日本人の私たちのカラダにはなじみやすいのではないかと。

(たぶん気候風土、環境、食べ物とか文化とかそういったものの理由から

または2500年程前に仏教が伝わってそれが広まりその仏教を受け入れる受け皿が肉体に宿っているから)

カラダとこころをつなぐ体験で自分を含め、多くの人々がもっと幸せになれるはず。

ここダラムサラはダライラマがチベット亡命政権を設立した地、

チベット人の心や文化がいまここにも根付いていることに感謝し、そのこころに触れられたことにまたまたありがたいと思う。

人々の幸せ、生きとし生けるもの平和を祈り願う

このこころこそいまを生きる私たちに必要なことなんだと思う。


これからが始まり

日本にいてもどこにいてもいま生きることと向き合う事それがこれからの一生のテーマになりそうだ。






ふと立ち寄ったチベタンのカフェ

チャイでいっぷく

b0233523_13451872.jpg


飾ってあったダライラマの言葉

b0233523_133822.jpg




そしてもうひとつのメッセージ

NEVER GIVE UP


NO MATTER WHAT IS GOING ON
NEVER GIVE UP

DEVELOP THE HEART
TOO MUCH ENERGY IN YOUR COUNTRY
IS SPENT DEVELOPING THE MIND
INSTEAD OF THE HEART

BE COMPASSIONATE

NOT JUST WITH YOUR FRIENDS
BUT WITH EVERYONE
BE COMPASSIONATE
WORK FOR PEACE
IN YOUR HEART
AND IN THE WORLD
WORK FOR PEACE

AND I SAY AGAIN
NEVER GIVE UP

NO MATTER WHAT IS GOING ON AROUND YOU
NEVER GIVE UP




BY HH THE XIV DALAI LAMA



[PR]
by vidavidya | 2013-05-19 13:47 | ヴィパッサナー

ダラムサラ

ダラムサラへ


ヒマラヤが見えた
b0233523_2112464.jpg


『オン・マニ・ペメフム』と真言を唱えながら手で回す小型のマニ車「マニ ラコー」を
時間の許す限りまわすチベットの老人
b0233523_20505325.jpg


ダライラマの住む公邸のある
ツクラカン本堂
b0233523_20591964.jpg


癒しの灯火バターランプ
b0233523_2132731.jpg


チベットと言えばモモ(蒸し餃子)とツゥクパ(ヌードルスープ)
b0233523_2155760.jpg


b0233523_2195535.jpg




Universal Yogaで教えているアシュタンガヨギ ヴィジャイ先生
何か浮遊しそうなのだ
ここのクラスで強制的にカラダを柔らかくしておいたおかげでこのあとに受けたヴィッパサナー瞑想がいつもより楽に座る事ができた
b0233523_2117682.jpg

クラスの開始前の風景
b0233523_21222330.jpg

[PR]
by vidavidya | 2013-05-18 21:30 | ヨガ

アムリトサル


アムリトサルのゴルーデンテンプルの受付にいたスィーク教徒のインド人
b0233523_20291180.jpg


スィーク教徒の聖地ゴールデンテンプル
男性は一髪や髭を一生のばし続ける。
イスラム国でもあるパキスタンの国境にほど近く見た感じはイスラム色が強い感じに見受けられる
スィーク教はヒンドゥー教とイスラム教を否定した観点から生まれた宗教だという
b0233523_2030637.jpg


街で見かけたVegシシケバブ
色は違うけれど味は全部同じだそう
ちなみにスィク教徒は鶏肉をよく食べる
b0233523_2033525.jpg

[PR]
by vidavidya | 2013-05-18 20:44 | ヨガ

ウッタラカシ

リシケシからウッタラカシへ
ガタガタゴトゴトバスに揺られて7時間

泊まったゲストハウスの隣の家の結婚式に遭遇
新郎はターメリック、ヨーグルト、ハチミツ、牛乳などを女性から塗られ、プージャが行われる
b0233523_18552550.jpg


お金を繋げて輪にした物を次から次へと知り合いの人々からかけられて行く新郎
b0233523_18573666.jpg


式の間ふるまわれたお菓子
美味しい
b0233523_19111073.jpg



そして近くの寺院へ行きここで新婦と会い式を執り行なう
今回は恋愛結婚だそうです
インドと言えばお見合い結婚が主流だったけれど現代では恋愛結婚も珍しくないみたい
お幸せに〜♡
b0233523_1944953.jpg



ゲストハウスで一緒になったコロンビアのヨギニ、ペルー人、そして私たち日本人2人の女子4人組で
ゲストハウスの目の前にそびえ立つ山の中にあるイイワインという村までトレッキング
b0233523_19172727.jpg


ガンジス川が流れている
b0233523_19201627.jpg




b0233523_19274327.jpg



ウッタラカシのチャイ屋にて
カルダモン入りの甘くて美味しいチャ〜イ!!
b0233523_1929669.jpg



去年ヨガを通じて南インドで知り合ったウッタラカシ出身の友人とここで偶然の再会!
自宅へ遊びに行き、司祭さんである彼の父からガンゴートリの聖水をいただいた
この写真はいろんなものが置いてあるけれど神棚
b0233523_19344648.jpg


スワミシヴァナンダの弟子であるスワミデヴァナンダそしてそのまたお弟子さんに合う事ができた
彼は子ども達にヨガの教えを説いている
b0233523_204117.jpg



日暮れ時に子供達だけで執り行なわれていたアラティー
b0233523_2074110.jpg






 
[PR]
by vidavidya | 2013-05-18 20:12 | ヴェーダンタ

リシケシ ヴェーダンタキャンプ

4月15日から5日間に渡って日本語のヴェーダンタキャンプがインドのリシケシで行われた。
講師は日本人のチェータナ先生。
今回はヴェーダンタの基礎タットヴァボーダを学んだ。
ヴェーダンタは5感ではとらえられない世界を言葉によって明かし、本当の自分とは何かを探って行く作業。インドに残っている世界で最も古い聖典である。

スワミダヤナンダジ
慈愛に満ち満ちていた
b0233523_18322595.jpg


毎朝5時から2時間かけてクリシュナの祭ってある部屋でキールタンを歌いつづけるじいじ
完全なる純粋さをもった歌声に心を揺さぶられる
b0233523_18365380.jpg


じいじのキールタンが終わるとクリシュナの祭ってある部屋に訪れ礼拝するスワミジ
ヴェータンタのクラスはこの部屋でで行われた
b0233523_18383645.jpg


アシュラムのごはん
b0233523_18413746.jpg



神聖なるガンガーで沐浴し、祈りを捧げる人々
b0233523_1843858.jpg

[PR]
by vidavidya | 2013-05-18 18:49 | ヴェーダンタ