<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カシュガル シルクロードの十字路

中国シルクロードの最西端に位置するカシュガル

中央アジアと中国を結ぶ地として数多くの民族と文化が往来した町

東西の旅人や商人がこのオアシスをめざしここで休息し、物資を補給した場所

ここから東は天山南路を経て西安へ、西はインドへ、南はインドへ、北はキルギス、カザフスタンへ

まさにここは東西貿易の十字路だった

人口の七割をしめるイスラム教徒のウイグル人

その伝統工芸や職人気質に触れ

熱気あふれるバザールを歩けばシルクロードの国際都市の息吹を感じられる





旅の最終地カシュガル駅へ到着
クチャでの曇り空は消え青空とカラッとした空気が清々しい!
b0233523_10151966.jpg


カシュガル夜市


この時期、日の出から日の入りまで食べ物を口にしないというイスラム教の一ヶ月の断食月(ラマダン)が4日ほど前から始まっていた

夜市などで様々な食べ物が売られているが外で食べている人は見かけない

みなお持ち帰りして日の入りと同時に食べるのだろう

日の出は北京時間で6時半ごろ日の入りは10時半ごろ

ウイグル時間と北京時間ではマイナス2時間差

それでもウイグル時間で日の出は4時半そして日の入りは8時半だからかなり日が長い

日の長い分ラマダンもきついだろう




お持ち帰りの冷麺を作る人
慣れた手さばき
作る姿が美しく思わず見とれてしまった
カシュガルの職人気質をここにも見たような気がした
b0233523_11323741.jpg

色とりどりのお惣菜
b0233523_11332958.jpg

あまーいメレンゲをケーキにのせて食べる
b0233523_11424317.jpg

ちまきのように蒸された甘い餅米
中にはナツメが一粒入っていた
その上からあまーいハチミツをかけていただきます
b0233523_12241185.jpg

b0233523_11443060.jpg

妊婦さんや、体調の悪い人、旅行者、こどもはラマダン月でも断食しなくてもよいきまり
羊のお乳を使ったラッシー(ヨーグルトドリンク)
b0233523_11374930.jpg

b0233523_11393023.jpg

b0233523_11355868.jpg

イスラム教は禁酒
その代わりケーキやドーナッツあまーいお菓子がみんな大好き
b0233523_11485259.jpg
b0233523_1146949.jpg


パン屋さん ベーグルはずっしり重い
b0233523_12282081.jpg

b0233523_10204479.jpg

イスラム教徒の人々がラマダン明けによく食べるナツメヤシやナッツが
カボチャの中にずっしり
これは栄養価が高いぞ!
b0233523_1233284.jpg

かわいいけど食べられちゃう
b0233523_12284653.jpg

日の入りはもうすぐ
b0233523_12424446.jpg

断食明けのに食べるフルーツを用意する人
日の入りと同時にみんなでかぶりつきます!
b0233523_12114719.jpg

b0233523_1237094.jpg

b0233523_12373177.jpg

b0233523_12392698.jpg

b0233523_1241281.jpg

食事を前に日の入りを待つ人々
b0233523_12161170.jpg




今晩のお宿
海爾巴格大飯店(かいじはかくだいはんてん)
英語名は HOTEL EDEN
b0233523_10164082.jpg

ホテルの朝ご飯
菜食の朝ご飯
スパゲティーみたいなのはこんにゃくに近い食感
全体的に料理の味付けは酸っぱい辛いが基本
b0233523_2081088.jpg

ラマダン中
日の出から日の入りまで
外のレストランはほとんどしまっている
b0233523_18333167.jpg


旅人はラマダン月でも断食をしなくて良い決まりになっているから
ホテルのレストランは開いている
今回の旅の中で一番の贅沢な食事

楽園茶
甘酸っぱくて美味しー
b0233523_18422496.jpg

ヨーグルトサラダ
b0233523_18452411.jpg

野菜と羊肉のラップ
ケチャップ味
b0233523_18485044.jpg

ポロ
この地域でよく食べられている定番食
b0233523_18495329.jpg








カシュガル日曜バザール
b0233523_169320.jpg

b0233523_1694284.jpg



シブいおっさん
どこから見てもかっこ良すぎます!
b0233523_1611732.jpg


ゴージャスな歯
b0233523_16121746.jpg


みんなおおらか
b0233523_1613974.jpg


みんないい顔してる
b0233523_16134311.jpg


美しいなあ
b0233523_1616697.jpg



ほうき売りのおじいさん
王子さまみたい!
b0233523_16174410.jpg

b0233523_16184630.jpg


バザールを行き交う女性の色とりどりのスカーフ
b0233523_16215317.jpg

b0233523_16225595.jpg

b0233523_16243983.jpg


パクチー
b0233523_16264348.jpg


白菜
b0233523_1627196.jpg


子供の昼寝
b0233523_16274389.jpg


ニンニク売りのおじさん
b0233523_16281223.jpg



毛皮
夏は40℃を超えるけど冬はマイナス10℃以下だものね
b0233523_1651631.jpg

b0233523_1655954.jpg

b0233523_16375569.jpg


ナッツ類
b0233523_167754.jpg


ぜーんぶ唐辛子
b0233523_16385473.jpg


装飾型冷蔵庫
b0233523_1682345.jpg


装飾型洗濯機
b0233523_16551845.jpg



やかんや鍋など
金色のやかんに魅かれて購入
b0233523_170288.jpg


バザールで購入した薬缶と茶器
b0233523_20184378.jpg





バザールを出たとこの大通り

背景にうっすらと写る手前の土塀の建物とその後ろの近代的なビル

ウイグル族の伝統的家屋が再開発により破壊され近代的なビルが立ち並ぶ
b0233523_16435765.jpg







カシュガル職人街


b0233523_1795630.jpg

b0233523_17121597.jpg


床屋さん
b0233523_17161328.jpg


職人街にいた子供たち
b0233523_17173038.jpg


再開発のため壊されるウイグル族の伝統的民家
b0233523_17201920.jpg

b0233523_17184722.jpg

b0233523_1718231.jpg


仕立て屋の男性
b0233523_17415339.jpg


職人街にあったスパイス屋さん
b0233523_18202347.jpg




街を行き交う人々

b0233523_17233653.jpg

b0233523_17241813.jpg

b0233523_1725430.jpg

b0233523_17254429.jpg

b0233523_17261250.jpg

b0233523_17273842.jpg


定番の電動自転車?バイク?
b0233523_17385838.jpg




正真正銘100%なまハチミツ
b0233523_1729537.jpg


購入してみました
b0233523_17313886.jpg







エイティーガール寺院

ウイグル最大のイスラム寺院
b0233523_18104325.jpg

b0233523_18113288.jpg

b0233523_18121584.jpg

b0233523_1814853.jpg


モスク周辺には歯医者が並ぶ
みんなあまーい物好きだからね
b0233523_1815147.jpg


かわいらしい本屋
b0233523_18153173.jpg







魔天輪

カシュガルの市街を一望
b0233523_17461248.jpg





人民路を挟んで北側

ウイグル族居住区

中国の政策により再開発が進んでいる

一部のウイグルの伝統的家屋を除きいずれこれら土塀の家屋はすべて取り壊される事になる
b0233523_1812623.jpg

b0233523_1853926.jpg

b0233523_185579.jpg





人民路を挟んで南側

ウイグル族の伝統家屋は壊され都市開発された

こちらは漢民族居住区
b0233523_17532083.jpg


東湖公園を臨む
b0233523_1884788.jpg

[PR]
by vidavidya | 2012-09-14 20:54 |

クチャ

旅の最終地点カシュガルを目指し、旅の経由地クチャへ。

その昔、西域36国のひとつ亀茲国の都として栄えたクチャ。

天山南路のオアシスとして交流が盛んであったためイスラム文化と仏教文化の混在した不思議な世界が形成されたという。

多くの遺跡群も残されてるという。

b0233523_10315447.jpg


クチャ空港
b0233523_10322834.jpg


何はともあれラグメン
やっぱりおいしい
b0233523_1033146.jpg


デザートはバターミルクの味がするアイスクリーム
b0233523_10333022.jpg


b0233523_1034930.jpg


アイスクリームはその場で手づくり!
これはおいしいわけだ
b0233523_1035626.jpg


ハミ瓜
メロンとスイカの中間のような果物
b0233523_10355782.jpg


みんな本当にいい顔してる
試食させてくれた優しいおじさん
b0233523_10363141.jpg


マーケットで靴を選ぶ女性
b0233523_1037632.jpg


イチジクを売る女性
ひとついただいてみたら・・・うわっ おいしいー
身がとろけるようでフワフワで甘くてこんなイチジクはいままで食べたことがない!
イチジクの葉っぱに包まれて
なんだかおまんじゅうみたいなイチジク
b0233523_10385628.jpg


b0233523_10393321.jpg


羊肉とトマト入りのナン
ピザの原型かしら?
b0233523_10411161.jpg


ナンの大きさがトルファンで見かけたのより、ふた周りほど大きくなってる
b0233523_1155791.jpg


モナエシディン・マザール

14世紀の有名になイスラム教伝道師エシディンを葬った墓所

エシディンは14万人のモンゴル族をイスラム教に入信させたとされる人物


古くはなっているがとっても趣のある美しいモスク

モスク内にいた老人がマザール(墓)へと案内してくれた

b0233523_11371591.jpg


b0233523_1144896.jpg


b0233523_11444451.jpg


b0233523_11451622.jpg


b0233523_11475189.jpg


b0233523_11484640.jpg

この老人に会えてよかった
この旅に出てよかった
そう思える瞬間
b0233523_11492310.jpg

クチャの繁華街からどの方向へ行っても少し歩けばポプラ並木と民家のある典型的なシルクロードの農村風景を見る事ができる

b0233523_11225214.jpg

b0233523_11241757.jpg

b0233523_112341100.jpg

b0233523_11245834.jpg

b0233523_11253292.jpg



今晩のお宿
クチャ賓館
b0233523_1452543.jpg


ホテルの朝ご飯
ビュッフェスタイル
b0233523_14524312.jpg








タクシーをチャーターしてクチャ観光へ

スバシ故城
チェルダーグ山の南麓に広がる亀茲国最大の仏教遺跡
この日の空は雨雲に覆われ強風のため人が歩くのも困難な天気
風化が進む遺跡はこの厳しい自然環境を物語っているようだだった

b0233523_1455947.jpg
b0233523_14542459.jpg

b0233523_145542100.jpg

b0233523_14561963.jpg

b0233523_14565574.jpg

スバシ故城での放射線量
b0233523_14575173.jpg

b0233523_14592924.jpg


キジル千仏洞へ向かう途中の休憩地で会った
母と子
b0233523_23385422.jpg


キジル千仏洞へ向う途中の交通渋滞
工事中のため
b0233523_23564157.jpg

b0233523_23592481.jpg




キジル千仏洞
クチャ市内の西約60km
亀茲期の貴重な仏教遺跡
ここには237窟がありその中の70窟は比較的保存状態がよく貴重な壁画などが残っているが
その他の石窟の壁画や塑像は破壊されたり持ち去られてしまった
千仏洞内での撮影は禁止
b0233523_082172.jpg

b0233523_091873.jpg

千仏洞からの眺め
b0233523_0225768.jpg


キジルとは「赤い」という意味
周辺はチャール・ダクと呼ばれる不毛地帯が広がっている
b0233523_001772.jpg

b0233523_012242.jpg




クチャ大寺
16世紀に創建されたイスラム寺院

b0233523_022856.jpg

b0233523_024658.jpg

b0233523_027869.jpg

b0233523_029742.jpg






夜行列車に乗りクチャ駅から旅の最終地点カシュガルをめざす!
列車内のようす
b0233523_032237.jpg

[PR]
by vidavidya | 2012-09-01 12:04 |