アメリカドライブの旅

つづき

カリフォルニアから長距離ドライブの旅が始まった。。。
b0233523_2225443.jpg



シヴァナンダヨガのトレーニングが終わり、

ここからカマラとカイ君と私の3人旅が始まった。

カリフォルニア州のオーバンというシヴァナンダ・ヨガファームから

車で40分ぐらいの所にある町でレンタカーして

まずは、ネバダ州にあるラズべガスを目指し出発!

そこから今回の目玉でもあるアリゾナ州のセドナへ

その後はアンテロープキャニオン→グランドキャニオン

→サンフランシスコ→日本

旅は風まかせ、流れにまかせての大雑把な計画

b0233523_16461617.jpg

b0233523_16435392.jpg


アメリカ一美しいといわれるタホレイク
b0233523_2394919.jpg

b0233523_2233778.jpg



ラスベガス
砂漠地帯から突如現れるラスベガス
b0233523_22325459.jpg

b0233523_2291497.jpg

b0233523_2219281.jpg


b0233523_22145286.jpg

b0233523_22305270.jpg

b0233523_12362588.jpg

b0233523_22232213.jpg




セドナへ
b0233523_2235982.jpg


「聖なる地」とネイティブアメリカンに崇められてきたセドナ

ベルロック、カセドラルロック、ボイントンキャニオンなどなど

ボルテックスと呼ばれる、地球のエネルギーが渦巻いている場所が

たくさんあって

世界随一のスピリチュアルパワースポットと呼ばれている

b0233523_22423649.jpg

b0233523_22485610.jpg

b0233523_2245057.jpg

b0233523_22394916.jpg

空は澄み渡り、空気はカラッとさらさらしている
b0233523_22513470.jpg

b0233523_22531718.jpg

b0233523_2373736.jpg

b0233523_2383821.jpg

b0233523_2236912.jpg

カイ君がほぼ毎食つくってくれた食事はめっちゃおいしい♡
b0233523_2353443.jpg



アンテロープキャニオンへの道すがらの風景
b0233523_2318444.jpg


アンテロープはアリゾナ州にある

ネイティブアメリカンのナバホ族の土地にある渓谷

砂岩が長い時間をかけて浸食され

何百年もの地層が美しいカーブやウェーブとともに表皮に写しだされる

その神々しさ

自然のなせる技

何をしたって自然にはやっぱりかなわないんだ

b0233523_23205440.jpg

b0233523_1241261.jpg

b0233523_12395189.jpg


アンテロープを案内してくれたナバホ族のガイドさん

ナバホ族に会うことは今回の旅でしてみたかったこと
b0233523_1245535.jpg


レイクパウエル

アメリカで二番目に大きい湖

美しく不思議な雰囲気がある

b0233523_12454481.jpg

b0233523_1247860.jpg

b0233523_12474060.jpg

b0233523_1249910.jpg

b0233523_12505097.jpg

b0233523_12535461.jpg

UFOがいつも上空を飛んでいるそうです!!
b0233523_12521234.jpg




グランドキャニオン

コロラド高原がコロラド川の浸食によってできた渓谷

何層にも及ぶ断層や形が遠目からみると

まるでインドのヒンドゥー寺院
b0233523_2122395.jpg

おおっ
b0233523_2124185.jpg










ブライスキャニオン

グランドキャニオンから車で2〜3時間

ユタ州

風や、水、氷により浸食された「土柱」と呼ばれる

独特な地質構造をもつブライスキャニオン

つららを逆さまにしたみたいな形

赤や橙、白の色が日に当たったり、陰ったりすると表情が変わる
b0233523_21541456.jpg

b0233523_2155121.jpg

b0233523_21565977.jpg

b0233523_21574413.jpg

b0233523_2254429.jpg




ここから

再びカリフォルニア州サンフランシスコへ向けてドライブ

モーテルで休憩したり

おみやげやに寄ったりしながらの2日間
b0233523_2226498.jpg
b0233523_2223570.jpg

b0233523_2224917.jpg

b0233523_22351486.jpg

b0233523_2236466.jpg



道に迷ったり、寄り道したり、遠回りしたり

計算してみると走行距離はざっと3000キロ

北海道から沖縄ぐらいまでの距離

永遠と変わらない景色の中、

何度となく繰り返す、山越えのパターン

山を越えては数十キロとつづく

信号の一つない

ただひたすらまっすぐな道

とにかくよく飛ばし、とにかくよく走る

車がこんなにスピードをだせることも

こんなに走っても車は壊れないのだと知った
b0233523_21591199.jpg


日が暮れて

また太陽は昇った

アメリカの大地は

いつだって壮大で終わりはない

その世界、その内の世界、その外の世界も

マクロとミクロを行き来しているような

小さいのか大きいのか

その尺度は誰かの尺度

大きくなったり小さくなったり

それさえも超えてしまいたい気持ち

外から見ているのか?

内からなのか?

そのどちらでもないのか?

誰が見ているのか?

誰も見ていないのか?

ここにいる

過去と今と未来が

一緒にある

これから始まる未来も

終わってしまった未来も

いま一緒に同時にあるような

時間と空間

確かに誰かが見ていた記憶

火、風、水、土、空

宇宙はひろがり

それに触れる瞬間

大きくなったり、小さくなったり

形をつくり、壊れては

またつくりだされる

それらを超えて行く。。。

これからつづく道のこと

一つの旅が終わると

また次の旅が始まる
b0233523_22584230.jpg





 
[PR]
by vidavidya | 2015-09-01 20:09 |
サンフランシスコとシヴァナンダ... >>