チネイザン(気内臓療法)

タイ式マッサージを学ぶためにタイのチェンマイにやってきた。

学んだのはチネイザンという古代中国のタオ(中国三教の一つである道教の中心概念)から伝わる主に内臓に働きかけるマッサージ。


タオイスト達の発見
タオイスト達の長年の瞑想により、内臓は小宇宙(ミクロコスモス)である人間と、大宇宙(マクロコスモス)をつなぐ霊的な力のエッセンスでありカラダをひとつにまとめ維持していく源泉であることが発見された。
そして人の持つ感情はすべてのエネルギーの現れであり、感情と内臓とのあいだにある特定のつながりや関連があるとつきとめたのだ。
タオイストたちは、不快に感じる症状のほとんどが、溜め込んだ毒素や、否定的な感情などのネガティブなエネルギーの影響であるとつきとめ、内臓機能障害を起こし、腹部にしこりを生じさせるネガティブなエネルギーをリサイクルして変容させるというチネイザンという技法を開発したのだ。
これは、毒素、悪感情、過剰な体熱(または体熱の不足)といった内臓の機能障害を引き起こす諸原因を取り除く事ができるという。


チネイザンがなぜタイなのか?
中国人の両親をもつタイ生まれのタオの世界的権威であるマンタクチャが文化大革命のとき歴史から消え去ろうとしていたこの技法をタイ式マッサージ、指圧、霊気、リンパマッサージ、スウェディッシュ・マッサージなど現代医学も取り入れて再生しタイで広めたという理由から。



『気の海』
おへそはエネルギー(気)が最も多く集まるところでもあり排出されるところでもあるという。
おへその形により臍診断もできる。

『第二の脳』
内臓は第二の脳に働きかけることより感情のバランスも整えていく。
各内臓に表れるしこりや固さで、どんな感情が滞りからだに悪影響を与えているかなどを見る事ができる。

チネイザンの施術の流れ
タイ式マッサージの短いリラクゼーションを行ったあとまずはお臍まわりに働きかけ気の巡りをよくしてからココナッツオイルを使った内臓へのマッサージに入って行く。
そしてリンパマッサージ、レイキ、タイ式マッサージで終了。
タイ式マッサージの創始者シーウォックゴマラーパーにも忘れずに礼拝する。

瞑想の大切さ
大量のエネルギーが集まり排出するお腹を扱うチネイザンを施術するものは邪気を受けやすいという。
タイ式マッサージと違うのは気を扱うところである。
そこで日々の瞑想により自分を浄化しておく事が大切だという。


瞑想大好き元看護師ウー先生
オンスクールにて

b0233523_18472190.jpg

[PR]
by vidavidya | 2013-05-28 00:14 | タイ式マッサージ
<< チェンマイ タイ式マッサージ ウィサーカブーチャー(仏誕節) >>